ドトールで購入できるコーヒー豆の特徴

コーヒー豆の写真画像 ドトール

ドトールのコーヒー豆は「店舗」と「ネット」で購入できる

ドトールのコーヒー豆は、「店頭」・「オンラインショップ」で購入が可能です。

自宅に豆を挽くミルがない場合でも大丈夫です。

店舗でもネットでも、購入する際に「粉に挽く」ことができます。

とくに店頭では、持っているコーヒー器具に合わせてコーヒー粉の粒度を調節してくれます。

たとえば、「メリタのドリッパーでペーパードリップ」などと伝えると器具に適した粗さに挽いてくれます。

ドトール コーヒー豆 お得な買い方

コーヒー豆を ドトール店舗 で購入する場合には、月に一度の「感謝デー」がお得です。

コーヒー豆を「10%OFF」で買うことができます。

まとめて買うとさらにおトク!

コーヒー豆(200g)2袋で「4%OFF」

コーヒー豆(200g)3袋で「6%OFF」

感謝デーは、基本的に「月末の土日」に開催されます。

※ギフトなど一部対象外の商品があります。
※店舗により品ぞろえが異なります。取扱商品に関しましては、ご利用の店舗に確認してください。
※店舗により開催日が異なる場合や、未実施の場合があります。

ドトール コーヒー豆の特徴

ドトールで購入できるコーヒー豆には、さまざまな特徴があります。

ドトールコーヒーのホームページに記載されているものから、その内容を見てみましょう。

ハイクオリティな生豆だけを厳選して調達

直営農園の高品質な生豆を調達(写真はイメージ)

ドトールでは直営農園のあるハワイ島コナをはじめ、世界約20ヵ国からコーヒー豆を調達しています。何をおいても「クオリティ」を最優先。

生豆の買い付けにあたって、トレーサビリティに配慮し、かつ「ドトール基準」をクリアした高品質な生豆だけを調達します。

味のブレを防ぎ、高いレベルで品質の安定を図るため、3パターンの指定買いをしています。

1つは、たとえばブラジル・ミナスジェライス地方といった同じエリアの豆を指定する「地域指定」。

2つ目は、同じプランテーションの豆を指定する「農地指定」。

そして、最後が“ドトールタイプ”の味を指定する「味指定」。

自社の焙煎工場で「ブレンド」・「焙煎」・「検査」

ブレンドはプレミックス方式を採用(写真はイメージです)

コーヒーのブレンド方法には、焙煎前の生豆の状態でブレンドするプレミックスと、単品ずつ焙煎した後で豆をブレンドするアフターミックスがあります。

ドトールでは主に「プレミックス」を採用しています。

コーヒー豆は収穫時期や大きさ、味、含まれる水分もそれぞれ異なります。

それをひとつのバランスの取れた「おいしいコーヒー」へと一体化させる為に、焙煎師が何度も豆の状態を確認しながら仕上げていく。

そうすることで、仕上がりがまろやかで全体に調和のとれたコーヒーが出来上がります。

その後、焙煎されたコーヒー豆はカッピングという最終検査が行われ、合格したコーヒー豆だけが包装され、全国の店舗に出荷されています。

ドトールのこだわり「直火焙煎」

ドトールのこだわりは直火焙煎(写真はイメージです)

コーヒーの焙煎は、その熱源の種類によって、熱風式、半熱風式、直火式に分けられます。

通常、コーヒー豆を焙煎する場合、機械化し効率よく大量に焙煎することができる「熱風焙煎」が一般です。

それに対し、ドトールは熱風焙煎の約3倍の時間をかけてじっくりと焙煎する、手間のかかる「直火焙煎」にこだわっています。

業界の常識では工場生産規模の直火焙煎など考えられない話でしたが、ドトールコーヒーが理想とする「香り高く、甘みのある、味わい深いコーヒー」をつくるのに直火焙煎は不可欠でした。

卓越した焙煎師が、「豆の量」「焙煎温度」「炎の具合」から「その日の気温・湿度」、「生豆の“体温”」や「水分量」まで見極め、釜ごとに丁寧に仕上げていきます。

毎日、日本各地のドトールでおいしいコーヒーを提供する為に必要な”たくさんのコーヒー豆”を「直火」で焙煎。

ドトールのこだわりと技術が詰まっています。

ドトールコーヒーの動画

ドトールコーヒーは動画を公開しています。

その一部をご紹介します。

タイトルとURLをコピーしました